ハイスコアガール 10話 の感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Netflixでハイスコアガールの10話を一日遅れで視聴。
なんというか、切ない終わり方だった9話の続きにしては、いつもどおりのテンションの始まり方かと思えば、ハルオはけっこうやさぐれていたんだな。ゲーセンに行かなくなったのは、やっぱり晶に合わす顔が無いからか。

小春が超進化していて、ぼこぼこにされて、再び闘志に火がつくというのは、まあ定番通りかなと思うけど、ラストでとうとう晶と小春が邂逅。
すごいところで引くなあ……という終わり方でした。

続きを読む >>

Back Street Girls バックストリートガールズ 10話(最終話)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Netflixで「Back Street Girls バックストリートガールズ」の10話(最終話)をちょっと遅れて視聴。
最後の最後まで、突っ走っているアニメだった。
正直に言ってかなり安っぽい作りで、全然動かないアニメだったけど、勢いだけはとんでもなかった。

続きを読む >>

夏アニメの途中までの一口感想(いろいろ)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

視聴中の夏アニメいろいろの一口感想。なお、配信サイトで見ているので最新話までの感想ではなかったりする。ネタバレは避けるつもりですが、気になる方は見ないほうが良いかも。

「はねバド」「はるかなレシーブ」
最近、スポーツ界でいろんな不祥事が続いています。以前の相撲にはじまって、日大アメフト、レスリングや体操の幹部のパワハラ、アマチュアボクシングの幹部(トップ)の不祥事。
スポーツの爽やかなイメージからするととんでもない話しですが、スポーツはあくまで人間がやるもので、人間の努力の結晶や可能性の追求といった人間らしい美しさもあるが、人間の醜さ、身勝手さ、欲望などなど人間らしい一側面がストレートに出てしまった結果とも言える。こういうことが起きるのも、当然といえば当然。
しかし、もちろん、だからといって見逃して良いことではないので、もっとオープンで民主的な組織にしていくしか方法がないのでしょうね。
「はねバド」は、幹部の醜さとかは出てこないけど、人間の醜さはけっこうガッツリ描いていて、というかバドミントンってあんなに暗くて不健全なスポーツなのか、と思ってしまう。OPの爽やかさはどこに行ったのかと思う。
今季のもう一つのスポーツもので見ているのが「はるかなレシーブ」。こっちの方はいくらなんでも主人公のはるかちゃんが能天気過ぎないか、と思うぐらい明るく朗らか。かなたちゃんの方は、それなりに屈託もあったのですが、いつの間にか明るくなっていて、はるかちゃんが浮いていなくなっている。
男性が1人も出てこないあたり、スポ根物でもきらら作品だなあ。



はたらく細胞
血小板ちゃんが大人気になった作品。でも、ガッツリ出るのは、第2話のみで、あとはちょぼちょぼ。
まあ、役割を考えるとそれも無理はないのだが、これだけ注目されるのであれば、番組のエンディングでミニコーナーを作って、その回でやった内容を講義形式で解説して生徒役の血小板ちゃんがなにか一言いうというようなことをやればよかったのに……と思う。
NHKで放映していればそれがあったかも知れないが、でもあの血まみれの白血球がガッツリ出てくる内容では無理かも知れない。


続きを読む >>

「ひとりぼっちの地球侵略」のおすすめ表紙

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

昨日、サイトに書いたおすすめマンガの「ひとりぼっちの地球侵略」ですが、表紙絵で特にお気に入りをご紹介します。


まずは3巻。

うまく画像が撮れないのでアマゾンのリンクで。
ジブリ映画の1シーンみたいな場面。本編の舞台は日本の田舎町で、こんな地中海風の景色は出てきません。


5巻

太ももが眩しい金髪美少女は、日本にやってきた宇宙人(ロシア風味)。


続きを読む >>

じゃりン子チエの劇場版

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

じゃりン子チエの劇場版を視聴中。Netflixの品揃えにあったので……。
内容を見てみたら、テレビアニメ版の最初の頃のストーリーをやっていて、要はあまり納得できなかった頃のじゃりン子チエをやっていて、どうもイマイチかなあ、というのが正直な感想。
続きを読む >>