アニメ、マンガ、日常生活

天命を知る年になっても独身で、契約社員で貧乏暮らしをしているおっさんが綴る日常です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
まだフンが見つかる

JUGEMテーマ:ネズミ駆除

最後にねずみ駆除に関する記事を書いたのが昨年の3月。それから1年半たち、どうやらネズミの完全な駆除に成功したという手応えを感じる。
記事で、二階で寝る気がしなくなった…と書いているが、その後1階の居間で寝る癖がついて、生活のほぼ全般を居間で過ごすようになった。
それはそれでけっこう快適だったのだが、この夏の異様な暑さで、広い居間は冷房の効きも悪くて、しばらくは2階の六畳間で寝ていた。この部屋は割合に新しいエアコンがついていて、部屋も狭いのでよく効く。
つけたまま寝ると明け方には寒くて目をさますほどだった。

でも精神的に二階で寝ていて気持ち悪いとか、変な物音がする気がするとかは無くて、とにかく暑さ対策が最優先でねずみのことなど忘れていたぐらい。







続きを読む >>
ネズミとの戦いの日々32

JUGEMテーマ:ネズミ駆除

朝から母の見舞いに行ってきた。
ますます痴呆が進んでいるみたいで、2週間ぶりに会ったのに、会って30分余りで「もう帰れ」と言い出す。昼前ぐらいに着いたのだが、私が居ると食事が出るのが遅くなるらしい。
それに以前は会う度に「家はどうした」「ローンは返し終わったのか」「お父さんはどうしている」とか何度も何度も聞き返していた。その都度答えるのだが、数分すると忘れてまた聞き直してくる。
その事自体が、痴呆の証明だったのだが、今はもうなにも気にならなくなってきたみたいで、なにも聞いてこない。
私がどんな生活をしているのか、家の様子はどうなっているのか、自分の病気の具合はどうなのか、そうしたことが全然気になっていないし、おぼえてもいない。
ただ、食事が出るのが遅くなることだけが気になるようだ。







続きを読む >>
ネズミとの戦いの日々31

JUGEMテーマ:ネズミ駆除

ごみ処理業者さんに来てもらい、家の中の不要物を捨てた。処理費用は結構高価であったが、スッキリしたので、良しとしよう。
懸案の押し入れだが、まずは外へ逃げられるように、窓を開けて、搬出口以外は全部ドアを閉めて、そちらに逃げ出せないようにして、いざオープン。
中身を引っ張り出しポンポンと捨てていったが、最後までネズミが飛去してくることはなく、ある意味拍子抜け。
業者さん4人で、バケツリレー式にベランダまで運んで、下に停めたトラックの荷台に落としていくという男らしい方法で押入れ一つ分にぎっしりと詰まった布団とか古い洋服とか、その他諸々が10分も経たないうちに全て運び出された。

ネズミが居なかったことに関しては、私の気の所為ということは考えにくいので、一気に運び出した布団の隙間とかに死骸が埋まっていたとか考えるのが良さそう。







続きを読む >>
ネズミとの戦いの日々30

JUGEMテーマ:ネズミ駆除

今日、ごみ処理業者さんに来てもらって、家の中の不要物の廃棄の見積もりを頼んだ。
そして、一番の懸案であるネズミの巣の押入れの中身の撤去をお願いしたところ、どうやら受けて貰えた。
撤去作業中にネズミが散らばらないように押入れのある部屋を封鎖して中身をどんどん運び出し、ネズミが出たら窓を開けておいてそこから逃がすという手筈を相談。






続きを読む >>
ネズミとの戦いの日々29

JUGEMテーマ:ネズミ駆除

朝、ネズミが潜んでいると思われる押入れがある部屋とは別の部屋(衣類を入れたタンスが置いてある)の床のジュウタンにネズミの糞が複数個落ちていた。
断言は出来ないが、以前は無かったものだ。あれだけ幾つもあると絶対に以前に気がついたはず。
しかも糞だけではなく、一房ネズミの毛も落ちていた。







続きを読む >>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.