アニメ、マンガ、日常生活

天命を知る年になっても独身で、契約社員で貧乏暮らしをしているおっさんが綴る日常です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ひとりぼっちの地球侵略15巻が予約受付開始

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

かねてから、追いかけていた「ひとりぼっちの地球侵略」の15巻が予約受付開始になったので、ご紹介します。

「ひとりぼっちの地球侵略」は最初は表紙買いで、はまっていった作品で、とても魅力的な絵が最後まで失われることはありませんでした。



14巻でそろそろクライマックスかなあ、という展開だったので、単行本派なのですが、ちょっと気になって調べてみたら、どうやら今月12日発売のゲッサン10月号で最終回を迎えていたようで、この15巻が最終巻になります。

発売は11月12日。
内容については、見ないようにしているので、どんな結末に落ち着いているのかわかりませんが、そんなひどい落ちにはなっていないとは信じています。







「ひとりぼっちの地球侵略」ってコミックご存知ですか?

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



小川麻衣子の長編SF漫画「ひとりぼっちの地球侵略」という作品をご存知でしょうか?
知名度はいまいちみたいなので、おすすめマンガとしてご紹介しておきます。

「ゲッサン」に連載していて、現在は14巻まで刊行中。私は雑誌派ではなく単行本派なので、実はけっこう最近まで存在自体知らなかったのですが、1巻が某超大型古本チェーン店で安くなっていて、かわいい表紙に惹かれて表紙買いをしてしまい、その後次々に(新刊で)揃えて、14巻まで来てしまいました。

かわいい表紙を並べたくて画像を撮ってみましたが、乱反射してちょっと見にくいなあ。
実物はもっとかわいい感じです。

で、実際に読んでみると、そのかわいい絵柄でけっこう深刻な話しをしていて、その意味では表紙詐欺の部分もあるのですが、ストーリーが面白い。

以下ネタバレ。







続きを読む >>
「夢喰い探偵」の感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

以前にマガジンRで連載されていた日常の謎系のミステリマンガ。すでに完結(打ち切り)された作品で全3巻にまとまっているものをいまさら読んだ。
けっこう感心したので、感想。

幼なじみの高校生の男女が名探偵とその助手となって、学校でおこる不思議な事件を鮮やかに解決するというもの。
この名探偵役の女子高生がかなりの難病を抱えていて、現在は手術の甲斐もあって、通学は出来るようになってはいるが、決して寛解しているわけではなく、物語の端々にこの女子高生の不幸な将来が暗示されるような演出があって、それが単なる日常系とは違う雰囲気を出している。






続きを読む >>
ブックオフでマンガばっかり買ってる。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

ブックオフは著者にお金が落ちないので、応援する意味を込めて作品を買うのなら新刊を買うべき、というのはよくわかっているのだが、ついつい立ち読み可のブックオフに出かけて、ついつい気になっていたマンガが安いと買ってしまう。
ところが、巻数がある程度積み上がっている作品と言うのは、最初の巻が割合に弾が多くて価格が下がりがちなのだが、続巻になるに従って、弾数が減って高い価格になりがち。
というわけで、1巻、2巻ぐらい持っていて、続巻を持っていないという作品が沢山あることになる。
なんだかなあ……と本棚を眺めてため息をつく。









続きを読む >>
ぬむもさんとんぽぬくん を予約した

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



粟岳高弘の「ぬむもさんとんぽぬくん」が5月末に発売予定。
早速、アマゾンで予約。

粟岳高弘は、長らく同人で活躍してきた作家で、昭和の香り漂う絵柄で、不思議な雰囲気のSFを描いています。
内容はいつも、田舎、女子高生、水着、ふんどし、変な宇宙人というもので、この「ぬむもさんとんぽぬくん」も中身を見ていないのだが、まあその内容通りだと思う。

これまでに書籍化されているものでは、鈴木式電磁気的国土拡張機増補版たぶん惑星の1,2、いないときに来る列車取水塔があります。
なお、いないときに来る列車はKindle本ではkindle unlimited対象で会員なら読み放題。







続きを読む >>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.