アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「ケンガンアシュラ」 netflixの感想。まだ2話まで見ただけですが……

JUGEMテーマ:Netflix

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



netflixで独占配信しているケンガンアシュラの感想です。一気に12話まで公開されたのですが、何しろ私はTVアニメの放映ペースに体が慣れているもので(ほぼ配信サイトで見ているのですが)、少しずつ見ています。

それで、ケンガンアシュラも今の所は2話まで見たところです。
原作もよく知らないので、まとまった感想にはなりにくそうですが、まあネタバレ注意と入れなければならないような感想にもならないでしょう。







ストーリーは、拳願試合という闇の格闘技試合がテーマ。刃牙の地下闘技場をはじめ、こうした闇試合はよくある設定です。
それで主人公の十鬼蛇 王馬(ときた おうま)が、山下商事という大企業の利益を代表してこの拳願試合に出るのですが、それを山下商事の子会社のダメ社員である山下一夫の眼からみて描写されるのです。
この山下一夫が、アニメでは声をチョーさんが充てているのですが、実に適役で実際に声を出しているときの悲鳴のような甲高い声のみっともなさと、内心ツッコミを入れるときのやや低くなる声など物語の中でイキイキと動き回っています。
主人公の王馬はぶっきらぼうで無口な性格。なぜ、こんなに強いのか、どんな人生を送ってきたのかについては、今の所出てきませんが、これはまあいずれは語られることになるのでしょう。

2話の後半で、王馬は初めての拳願試合にのぞみ、割と圧倒的な勝ち方をしました。でも、このままなろう系みたいにあっさり勝ち続けたりはしないで、苦戦したり、ときに敗北したりするのでしょう。

作画は、まだ2話ですが、同じくnetflixで公開されている刃牙よりも動いているようです。これもいつまで続くのかは判りませんが、米国産のラブ、デス&ロボット(これはCGだし短編ですが)の超絶クオリティと比べてしまうと、ちょっと見劣りはありますが、マンガの大コマをそのまま動画にしたと思えば、合っているのだと思います。
やはりnetflixで公開されているバイオレットエヴァーガーデンも日本のアニメの1つの頂点ですが、それはそれとして、こうしたマンガとの親和性の高い作画もジャパニメーションの行き方のひとつなのでしょう。

ケンガンアシュラは、裏サンデーで連載された(現在は続編を連載中)作品で、原作サンドロビッチ・ヤバ子、作画だろめおん。
このサンドロビッチ・ヤバ子原作のもう一つのアニメ「ダンベル何キロ持てる?」も現在、動画工房制作で放映中。こちらは別にnetflix限定ではないので、dアニメストアなど、複数の配信サイトで視聴出来ます。(なんと同一の世界の話しで、ケンガンアシュラの登場人物がエクササイズビデオのホスト的な役割など、ゲスト的な登場をします。)

また、ケンガンアシュラ全27巻ダンベル何キロ持てる?8巻(続刊中)の原作も販売しています。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.