アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
TVアニメ「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.1 がアマゾンのmusic unlimitedで聴き放題対象です。

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:アニソン

JUGEMテーマ:アマゾン

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



netflixで独占配信しているキャロチュー「キャロル&チューズデイ」の、ボーカルコレクションの第一弾が7/30に発売になっていますが、アマゾンの定額音楽配信サービスのmusic unlimitedで聴き放題対象になっています。もちろんMP3販売、CDでの販売も実施中。


TVアニメ「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.1

収録されている曲は、
1,Round&Laundry キャロル&チューズデイ
2,Who am I the Greatest キャロル&チューズデイ
3,Someday I'll Find My Way Home キャロル&チューズデイ
4,Unbreakable クリスタル
5,Never Die ファイヤー兄弟
6,Dance Tonight ピョートル
7,Bulldog Anthem OGブルドッグ
8,Whispering My Love キャロル&チューズデイ
9,Milky Way GGK
10,Galactic mermaid マーメイドシスターズ
11,La ballade シベール
12,Move Mountains アンジェラ
13,Gravity Bounce GGK
14,All I Want アンジェラ
15,Love Yourself ピョートル
16,Lost My Way キャロル&チューズデイ
17,Light A Fire アンジェラ
18,The Loneliest Girl キャロル&チューズデイ
となっています。
 






キャロル&チューズデイは、ナベシン(渡辺信一郎)総監督のオリジナルアニメで、ボンズが制作。ボンズらしいクオリティの高い作画に、やはり相当に質の高い洋楽を散りばめた、音楽アニメです。
とにかくナベシンらしいかっこよい映像プラス音楽が売りで、これなら世界に打って出るのに不足はなさそう。

ストーリー自体は、「洋楽のけいおん」という評をどこかで見ましたが、たしかにそういう面があって、本当に嫌な奴は出てきませんし、本当に辛いことは於きません(まだクライマックスまで見ていませんが、これまでの流れからして多分起きないでしょう)。そして、それで良いのです!!

ストーリーは、地球生まれの孤児で火星に流れてきて食いつないでいるキャロルという少女と、有名な政治家の家に生まれたものの息苦しさに耐えられずに家出したチューズデイという少女が出会い、音楽を通して絆を深めて、火星の町角でストリートアーティストとして活動し始めます。その演奏に惹かれた胡散臭い中年男のガスがプロデュースを買って出て、オーディション番組の「マーズブライテスト」に出場して、ライバルのアンジェラに決勝で負けるものの、知名度があがりデビュー出来るようになっていき……、というもの。
ここで出てくる作中歌や主題歌(※)は声優とは別の歌手(シンガーボイス)が担当する方式で、全編英語歌詞で全世界オーディションで選んだそうです。
このマーズブライテストは、キャロル&チューズデイ、アンジェラの他にも相当に変わった個性の持ち主や高い実力の持ち主が次々と出てきて、そこで歌う作中歌もびっくりするぐらいの高いクオリティで、たしかにお話の筋は他愛も無いのですが、見ていて飽きさせません。

ナベシンは、相当に作家性の高いアニメ監督で、「マクロスプラス」「カーボーイビバップ」「サムライチャンプルー」「坂道のアポロン」「スペース☆ダンディ」「残響のテロル」ととにかくカッコ良い映像を作らせたら一級品です。
しかし、完全に自分のオリジナルとも言える「残響のテロル」が話の筋が支離滅裂というか空中分解しているというかかなり無残な出来で、なまじっか映像がカッコよくて、ヒロインの三島リサが(洒落にならないレベルのポンコツだけど)可愛く描けているだけに相当に残念度が高い作品でした。
その「残響のテロル」に続く作品ということで、キャロル&チューズデイは心配半分期待半分で見始めたのですが、話の筋は他愛もないだけで、支離滅裂ではないので、楽しんで見られます。このまま無事に難しいテーマに取り組んだりせずに着地してくれればよいのですが……(チューズデイの母親が極右的な政治家で移民排斥を訴えていて、キャロルは不法移民。このあたりの取扱いで物語のラストに変なテーマ性を発揮するとぶち壊しになる可能性があると思っています。そういうのはやらなくて良いのだ、「洋楽のけいおん」に徹すればよいのだ、と誰かが止めていれば良いのですが)

物語の着地点がどうなるかはさておき、音楽は洒落た洋楽として良いものだし、このアルバムもヴァリエーション豊かなアルバムとして十分に楽しめるものになっています。





※、2クールのアニメで、主題歌は前半、後半で変わりますが、この「TVアニメ「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.1」には含まれていません。前半のOP「Kiss Me」ED「Hold Me Now」はmusic unlimitedの聴き放題対象。後半のOP,EDはまだ発売されていません。


Kiss Me/Hold Me Now
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.