アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「世界伝奇行」諸星大二郎のムック2冊が予約受付開始

JUGEMテーマ:漫画/アニメ




世界伝奇行 ―パプアニューギニア・マッドメン編―


世界伝奇行 ―中国・西遊妖猿伝編―

諸星大二郎のムック本が2冊予約受付開始したので、ご紹介します。いずれも9月14日発売で、税込みだと3,132円。
2冊だと6千円オーバーなので、高いなあ……とは思うのですが、このブログで何度も語っているように、すでに40年以上も諸星ファンをやっている身としては買わざるを得ません。とりあえずはアマゾンで予約をしました。







これまではほとんど人前に出ない作家だった諸星ですが、さすがに近年は丸くなってきたのか、創作物だけで勝負するのがキツイ年になってきたのか、この手のムックやら対談やらでちょくちょく顔出しをするようになってきました。ファンとしてはそれはそれでけっこう嬉しいのですが、今回のムックは現地取材をしたものの記録で、いずれも写真家の佐藤健寿とのコラボ本になっています。

西遊妖猿伝もマッドメンも、中国やパプアニューギニアの現地にかなり深く入り込んだ作品のような気がしていましたが、実はバリバリ描いていた頃は現地に行ったことがなく、近年になって初めて行った、ということを知ったときにはちょっとズッコケましたが、その記録がこのムックになります。

世界伝奇行 ―パプアニューギニア・マッドメン編― の方は、3年ほど前に出たムック本の「文藝別冊 特別編集 諸星大二郎 マッドメンの世界」を再編集したものだそうで、その文春別冊ももちろん買っているのですが、さらにこうしてまた買ってしまう(しかも結構高い)というのは貧乏人には悩ましい限りですが、もうこうなったらついていくしか無いのです。
まあ、数十年来のファンをやっている連中は私以外は、今頃はまっとうな社会人としての経験を重ねてかなり経済的にも余裕があるので、数千円程度で悩んだりはしないのでしょうね。



コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.