アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
宝石の国(10)  が8/23に発売予定

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:アマゾン





市川春子の「宝石の国」の最新10巻が8月23日に発売になります。
「宝石の国」は月刊アフタヌーンで連載されているコミックで、2017年の秋にはオレンジによってアニメ化もされています。







ストーリーは、遥かな未来、地上に住む宝石たち(体は宝石でできている人型の生物、というか無生物に命が宿っているというべきか)の物語です。月に住む月人たちは来襲しては宝石たちを攫おうとしているのですが、それを阻止スべく戦いを繰り広げていく、というものです。
主人公のフォス(フォスフォフィライト)は脆い上に月人が好む薄荷色で、物語の当初は戦いには参加しないのですが、それに屈託を持ちながらも能天気なほど明るい性格で茫洋としています。
しかし、物語が進むにつれて、フォスは体のあちこちが欠損していき、べつの鉱物などで補うのですが、その都度記憶の一部を無くしていき、外見や性格などがどんどん変化していっています。
そして前巻の9巻では、フォスはとうとう宝石たちの主導する金剛先生に対立するようになってしまい、さてこれからどうなるのでしょうか? といったところで10巻です。

市川春子という人は、正直、最初に知ったときにはかなり癖の強い絵柄で、あまり受け付けなかったのですが、話の作り方というかキャラクターの動かし方は実に上手くて、、こんなに浮世離れした設定と登場人物たちなのに、読んでいて痛みを感じさせるような物語になっています。
まずはとても美しい色彩が魅力のアニメ版を見てから読み進むほうがとっつきやすいかも知れません。



dアニメストアでアニメ版の宝石の国は無料見放題対象になっています。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.