アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「黒い秘密兵器」1〜8巻が一冊あたり11円で販売。キンドル

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:アマゾン



アマゾンの電子書籍キンドルで、一峯大二、福本和也の「黒い秘密兵器」の全8巻が1冊あたり11円(まとめ買いで88円)で販売中です。

この「黒い秘密兵器」は巨人の投手である主人公が秘球を駆使して活躍するという物語で、週刊少年マガジンで1963年から65年まで連載されたそうです。


黒い秘密兵器(1)







あの「巨人の星」は1966年から連載開始されたのですが、その先駆的な作品といえるでしょう。

一峯大二というと、けっこう古い漫画を読んでいるつもりの私でも正直ほとんど知らない作家で、ウルトラマンのコミカライズの印象がちょっとある程度。
まあ、今見ると、絵柄はかなり古くて、ノスタルジー以外の「売り」は無さそうですが、8巻でも88円だと思えばちょっと読んでみたくもあります。

あと、原作の福本和也はウィキペディアによるとこの黒い秘密兵器の他にちかいの魔球や宇宙少年ソランの原作を書いていて、小説家としても活躍したそうですが、やっぱり正直なところ、知らない人ですね。



コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.