アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「遊戯の宴」夏目友人帳伍 特別編2 の感想(ネタバレあり)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



私が加入しているdアニメストアで、夏目友人帳の特別編が3本見放題対象に加わったので、そのうちの1本「夏目友人帳 伍 特別編2 遊戯の宴」の感想を。
夏目友人帳はTVアニメとしてはすでに6期(陸)まで放映されていて、その他にこうした特別編が作られていて、さらに2018年には完全新作の劇場版映画も公開されて、かなり好評を博しています。
このブログで夏目友人帳に関してはカテゴリをわざわざ作って、何度もご紹介している、私のお気に入り作品です。

アニメシリーズ第5期になる「夏目友人帳 伍」は、途中で特別編を放映して、未放映のままシーズンが終わったエピソードがあって、その2話にかんしては特別編としてカウントしています。
その1つめが「一夜盃」で、2作目が「遊戯の宴」になります。「一夜盃」については、このブログでも以前に感想を書いていますが、ようやく「遊戯の宴」がdアニメストアで見られるようになったので、感想が書けます。

dアニメストア






「遊戯の宴」はニャンコ先生が留守の間に、廃れた廃屋(回遊亭)で妖怪のゲームに巻き込まれた夏目が、ゲームから抜け出すべく、犬の会の面々のちからを借りるというものになります。
この廃屋では、かなり力のある妖怪である遊蔓が主催する鬼ごっこを開催しており、3日も続くのであるが、勝ち残れば近くの谷の覇権を得ることが出来るというもの。廃屋から帰っても
そのゲームに参加してしまった夏目は、みるみる窶れてしまい(回遊亭から帰ってもゲームを止められないというのがかなりイヤです)、チョビの助言(遊蔓は話が判るので頼めば抜けさせてくれる)に従って、再び回遊亭に赴いて遊蔓を探して……というものです。

伍の頃になると、あまり犬の会の面々は出てこなくなっていて(最も、友人帳自体も、名を返すという設定も出てこないし、ヒロインの多軌も出てこないのだが)、この回では久々の登場ですね。
回遊亭の描写などはかなり怖くて、この雰囲気を強調して作れば、けっこうなホラーテイストになりそうなのですが、実際には犬の会成分多めで、ギャグテイストが強い回になっています。
その分、ちょっと物足りなさも感じますが、おまけ回だと思えば、肩がこらずに見られるので、これはこれで良いのかも知れません。

なお、この「遊戯の宴」は原作のコミックでは夏目友人帳17巻に元の話が収録されていますが、そのあとがきで作者が書いているように30ページの短くて楽しい話という通りで、割合にあっさりとしてます。
台詞回しや演出など、見事に原作そのままで、原作が数話も使うような長い話だと、2話を使っても相当にカットしてアニメ化しているので、この回は忠実なアニメ化といえるのかも知れません。



それにしても、そろそろけっこう原作も溜まってきたし、そろそろ第7期、8期が出来る頃じゃ無いでしょうか?








※、なお、残り2つのdアニメストアでの見放題追加作品は、「陸」の「特別編1 鈴鳴るの切り株」と「特別編2 夢幻のかけら」になります。こちらも見次第、感想を書くつもり。

 
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.