アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アマゾンプライムビデオのおすすめの古い映画

JUGEMテーマ:アマゾン



久々にアマゾンプライムビデオの内容を見ていたら、けっこう入れ替わっていたので、その中から古い外国映画をご紹介します。
まだモノクロ時代のものに絞っています。

地球の静止する日(字幕版)
1951年のアメリカ映画です。
SFの古典で08年にリメイクもされています。
この当時のSFというと子供向けのおとぎ話みたいなものでしたが、SF小説の方ではアシモフのファウンデーションシリーズはすでに始まっていましたし、クラークの「幼年期の終わり」は1953年発表、ハインラインの「人形つかい」は1951年、アルフレッド・ベスターの「破壊された男」は1953年に発売されていて、そろそろ大人の読み物になってきていました。
映画も宇宙人のコスチュームなどは今の目で見ると冗談みたいなものですが、内容はファーストコンタクトと、人類の動向を描いたもので、核兵器に対する描写も現代的であり、監督・脚本の視点の確かさが伺えます。







そして誰もいなくなった(字幕版)
1945年製作の推理映画です。
原作はもちろんアガサ・クリスティの1939年の小説で、孤島に閉じ込められた男女が1人ずつ殺されていくというもので、クローズドサークルものの古典とも言える作品です。
ルネ・クレールは「自由を我等に」「巴里の屋根の下」「巴里祭」「夜ごとの美女」といった、戦前からフランスで監督を務め、この「そして誰もいなくなった」は戦中にハリウッドに移って発表したものです。

カリガリ博士(字幕版)
これはかなり古くて1920年にドイツで作られたサイレント映画です。時間は1時間7分と短いですが、当時としては長編ですね。
ちょっとおかしなカリガリ博士とその下僕のチュザーレがドイツの山あいの村で起きる連続殺人についての物語になります。

第三の男(字幕版)
1949年。イギリスの映画で、第二次大戦後のウイーンを舞台にしたものです。ツィターの演奏によるテーマ音楽とオーソン・ウェルズの印象深い演技で知られた名作です。



コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.