アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
dアニメストアの新着がかなり良い感じです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



このブログで何度も記載していますが、私はアニメを基本的にテレビ放映分では見ないで配信サイトで見ています。dアニメストア、アマゾンプライムビデオ、netflixの3つのサイトに入っていますが、主にdアニメストアで見ることが多いのですが、11月の新着作品がかなり充実(ワタシ的に)しているので、久々にご紹介します。

dアニメストアは、名前の通り配信されているのは基本的にアニメで、アニソン、2.5次元舞台、声優のライブ、番組なども配信されていますが、実写番組は基本的には配信がありません。
なので、とにかくアニメがたくさん見たいという方はdアニメストアがおすすめになります。

さて、11月の新着でおすすめは以下の通りです。

BEATLESS
2018年にテレビ放映され、アマゾンプライムビデオ アニメで独占配信されたものです。この最初の放映はお世辞にも褒められたものではなく、何度も総集編が入って、結局24話で放映終了した時点では途中で終わってしまい、後に4話が後付で配信されたものになっています。
このブログでも、後に全話配信後に全話の感想を書いていますが、今回、総集編抜きの全24話でdアニメストアで配信しています。
BEATLESSは、長谷敏司のSF小説が原作で、水島精二が監督しています。AIと人類との関わりを描いていて、示唆に富んだ作品ですが、視聴する側がそのあたりの掘り下げについていくつもりが無いと、主人公のアラトくんがあまりにチョロくて、見ていてちょっとイラつくラブコメかと思ってしまいます。









殺戮の天使
これも2018年にアマゾンプライムビデオで独占配信されたものが、開放されたという立ち位置です。原作はサイコホラーのアドベンチャーゲームで、漫画、小説にもなっています。アニメはJ.C.STAFF製作。
廃墟のようなビルに閉じ込められたプレイヤーキャラクターが殺人鬼などと関係を保ちながら、最終的にビルからの脱出を目指すというものです。



RErideD-刻越えのデリダ−
2018年に放映されたアニメで、当初はどこだったか失念しましたが、やはり独占配信でとても見たかったのですが、見損ねていたアニメです。
キャラクターデザインの原案が安倍吉俊。
私は、安倍吉俊のアニメの大ファンで「Niea_7」と「灰羽連盟」は、もうかなり昔のアニメですが、マイ・フェイバリットになっています。2作とも珍しくDVDボックスを購入したものです。
それで、「RErideD-刻越えのデリダ-」も期待していたのですが、見られない上に、全く話題にもならなかった残念な作品でした。
一種の日常ものである「NeiA_7」や「灰羽連盟」と比べると、タイムトラベルもののSFだそうで、そうなると「TEXHNOLYZE」を思い出して、「大丈夫かなあ……」と思っていましたが悪い予感が当たったみたい。
ただ、監督の佐藤卓哉は「NeiA_7」で監督デビューして、安倍吉俊関連以外でも「苺ましまろ」を監督していて、これも私の大好きなアニメなので、ちょっと期待してしまいます。



ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション
エウレカセブンの映画版です。
TVアニメが最初に放映されたのは2005年だからもう随分前の作品ですが、非常に力のこもったロボットアニメで、09年に劇場版「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」が公開され、さらに「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の劇場版3部作が第一部の「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が2017年に放映され、第二部が今回配信された「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」なのですが2018年に公開されたという経緯があります。(第一部もdアニメストアで配信されています)



この他では、「カードキャプターさくら」のクロウカード編、さくらカード編(これは以前にバンダイチャンネルが主力だった頃に全話見ています)、東京喰種トーキョーグール全6作、血界戦線と血界戦線&BEYOND(血界戦線も他の配信サイトで視聴済み)も配信開始しています。
というわけで、dアニメストアの充実ぶりは素晴らしく、これで月額440円(432円から値上がりした)だと思うと、私が入っているサブスクリプションサービスでは一番元をとっていますね。

dアニメストア
dアニメストア

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.