アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「拳児」1〜4巻がキンドルで期間限定無料試し読み

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:電子書籍



アマゾンの電子書籍キンドルで、「拳児」の1巻から4巻までが無料でためし読みできます。期間は11月28日まで。

「拳児」は少年サンデーで連載された漫画作品で原作松田隆智、作画藤原芳秀のコンビです。連載されたのが1988年から92年です。


拳児 1


拳児 2


拳児 3


拳児 4







拳児は、中国武術をテーマに、拳児という少年が武術を学んで成長していくという一種のビルディングロマンです。中国武術をテーマというと、バトル漫画になりそうなものですが、そうした面も無いではないのですが(トニー譚というライバルも登場します)、それがメインにはならずに、武術を通して中国の文化を学んだり、後半は行方不明になった祖父を探して台湾から中国本土に渡って……というストーリーです。
武術の描写は、漫画なのでもちろん誇張などはあるのですが、これまでのとんでも武術に比べると相当にリアルで、これは原作の松田隆智が武術の研究家であったことも大きな関係があります。

私もこの漫画で、拳児が使う八極拳の技である、鉄山靠や外門頂肘、猛虎硬爬山などの名前を知りましたが、これらの技は後にあちこちの漫画やアニメなどで見かけることが増えたものです。
そうした意味では、「拳児」自体はそこまで大ヒットした作品では無いのかも知れませんが、後の日本のサブカルシーンに与えた影響の大きさは無視できません。

バトル漫画ではないので、そうしたものが苦手な方にもおすすめできる作品です。

キンドルでは、全21巻のセットも販売しています



コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.