アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Netflixをどうするか問題。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:Netflix



私は、あまり実写ドラマや映画を見ないで、アニメばかり見ているオタクです。若い頃の方が実写も見たような気がするのですが、最近では本当にアニメ一辺倒に近くなっています。アフィリエイトなどを更新しながら、PCのモニタの脇に流すという見方が多いのですが、そうした見方だとアニメが便利、ということもあるのかもしれません。
それで、主にサブスクリプションサービスを使っているのですが、一番使っているのがdアニメストア
月額料金も安いし、何よりも日本の帯形式でアニメを流す、という形に一番マッチしたサイトの構造になっていて、マイページの「続きから見る」を使うと漏れなく多くの作品が見られるのです。

それに比べると、機能的にはずっと高度なことをやっているのでしょうが、アマゾンプライムビデオもNetflixもちょっと見にくい、というのが正直な感想。
それで、結局はあまり本数を見ていないのです。

アマゾンプライムは、他のサービスも使っているので、プライム会員から外れるということは考えていませんが、問題はNetflix。







最初はデビルマンクライベイビーを見たくて入会したのですが、あまり見ていないのでもう辞めた方が良いな、と思いつつ、これから放映される作品のタイトルを見ると、「もうちょっと入っていようか」となってしまい、ズルズルと続いています。

で、文章に落とし込んで冷静に考えようということで、netflixのアニメを整理してみます。

これまでに見たNetflixオリジナルアニメ

デビルマンクライベイビー
天才湯浅政明の問題作。あのデビルマンを湯浅流に解釈して全く違うテイストに仕上げてますが、それでもデビルマンとしか言いようのない作品になっています。さすが。
天狼
P.A.WORKSの剣戟アクション。現在、Fariy goneフェアリーゴーンという作品をやっていますが、その前身ですね。よく動くのだけど、ケレン味が少ない。
ID0アイディー・ゼロ
谷口悟朗のオリジナルアニメ。けっこうハードな世界観のSFで、きっちりと12話で完結しているのが良い。
Ingress
CGの違和感がずっと抜けないまま、終わってしまったアニメ。Ingressという位置取りゲームを主題にSFに仕上げたものです。
群青のマグメル
中華資本の作品。ごく普通のアニメとして完成していて、これを普通に作れるのなら、ジャパニメーションのマーケットは中国に取られる日は近そうだと感じさせます。
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
京アニの異様なほど美しい画面が魅力の作品。この後で起こったことを考えると、伝説の作品になるのかも。
ULTRAMAN
やっぱりCGの違和感が抜けないまま、最終回まで見た作品。
リラックマとカオルさん
ストップモーションアニメ。今どき珍しくて、それだけで見られる。内容的には取り立てていうほどのことはない。
刃牙
刃牙がいちばん尖っていた最凶死刑囚編をアニメ化。SAGAまでかなりきっちりと映像化しているのが可笑しい。
A.I,C.O
鳴子ハナハルのキャラが魅力のSF。主人公の女子高生のスカートがひらひらするといまどきシュミーズを履いているのが見えてドキドキする。
KNIGHTS OF THE ZODIAC SAINT SEIYA
CGの違和感バリバリの聖闘士星矢。あまりに違和感がすごくて、アンドロメダの瞬が女体化しているとかどうでも良くなっている。
BackStreetGirls ゴクドルズ
netflixって予算を潤沢に与えるんじゃなかったけ? と突っ込みたくなる低予算のギャグアニメ。下らないのだけど高いテンションで最後まで押し切ってしまっていて、これはこれで良作だったのではないか、と後になって勘違いする作品です。
B THE BIGINNING
怪奇アクションSFとでも言えばよいのだろうか。確かに全話見たのだけど内容を覚えていない……。
ひそねとまそたん
独特な絵柄とひそねの変な性格がインパクト抜群。なんだかわけがわからないまま最後まで見てしまう。
からかい上手の高木さん2期
これを独占配信にするのはずるいと思った。
リトルウィッチアカデミア
トリガー制作のファンタジー。女性主人公で萌え要素を適度に加えつつ、大昔の学園モノのテイストも残したハリポタ-フォロアーといったところでしょうか。吉成曜監督だけあって、動きはまんが的で良かった。
ケンガンアシュラ1期
2期も全話一挙公開されているけど、ストップしたまま。徐々に見ていくと思うけど、まだtyほっとかかるかな。
気になったけど見てない作品。中断している作品
revisions
3話ぐらいまで見たけど、主人公が鼻についてだめだった。
クジラの子らは砂上に歌う
特にどこがだめだったと言う訳じゃないけど、見られなくなった。dアニメで見ていたら、多分最終話まですんなり見た。
7Seeds
大作SFだと思うと、とっかりにくい。名作のアニメ化だし、見なくちゃいけないとは思うのだけど……。
今見ている作品
キャロルアンドチューズデー
前期の作品なので、もう見終えていても良いのだけど、後3話ぐらい残してストップしている。まあ、近い内に見終えるとは思うのだけど、アルバムはmusic unlimitedの聴き放題で何度も聞いているのに、作品はストップしているって、何なのだろうと思う。
ハイスコアガール
かなり楽しみに見ている作品。こういうのがあるので、なかなかnetflix断ちに踏み切れない。
BEASTARS
これも楽しみにしていたにもかかわらず、割と渋滞しつつ見ている。作品の出来自体は最高レベルなのだけど、この重さに取り組む気力がなかなか沸かないのです。

今後来る作品で気になるもの
Levius
ポリゴン・ピクチュアズ制作ということで期待したい。アニメ版ゴジラやシドニアの騎士は本当に素晴らしかった。Leviusはメガロボクスみたいな話らしい。
攻殻機動隊 SAC_2045
神谷健治、荒牧伸志の共同監督のフル3DCG作品。というとULTRAMANのCGが違和感バリバリだったのを思い出してちょっと不安。
エデン
なんかディズニーアニメっぽい雰囲気。日本人監督だけど、プロデューサーがアメリカ人、コンセプトデザインがフランス人、アートディレクターが中国人とグローバルな作品だからこうなったのでしょうね。netflixらしいといえばnetflixらしいです。
虫籠のカガステル
かなりの良作の予感がするけど、重そう。また気合が入らずに見ないまま終わりそうな予感もする。

こうして改めてリストにすると、意外に完走した作品が多い。感覚的には半分近く挫折したと思っていたけど、遅れて完走はよくあるけど、とりあえずは最後まで見ているのだなあ……。



それと全く関係のない話なのかもしれないけど、湯浅監督の「映像券には手を出すな!」の情報がなかなか入ってこない。NHK総合で来年1月から放映だそうだけど、netflixの独占配信ではないのか? NHKだとアマゾンプライムビデオかなあ。あちこちで配信してくれればよいのだけれど。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.