アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「宝石の国」がキンドルのまとめ買いで20%オフ 12/9まで。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:アマゾン

JUGEMテーマ:アニソン

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:電子書籍



アマゾンの電子書籍キンドルで市川春子の「宝石の国」のまとめ買い全10巻が20%オフで販売中です。


宝石の国(1)


宝石の国(10)







宝石の国はキンドルの単品だと1冊660円で10巻だと6,600円ですが、現在5,280円で販売しています。
サイバーマンデーの企画で12月9日までとなります。

宝石の国は、月刊アフタヌーンで2012年から連載している市川春子のコミックで、2017年秋シーズンにはフルCGでアニメ化されて、成功を収めました。
宝石の国はかなりファンタジー色が強いSFで、遥かな未来を舞台に、宝石の身体を持つ人形の生物が生まれていて、28人の宝石が、月から宝石を攫いに来る月人との戦いを繰り返している、というもの。
主人公のフォスフォフィライトは脆い上に不器用で仕事が無い状態が続いていたのですが……というもの。
それぞれの宝石の特性を元にした性格をしていたり、砕けても繋ぎ合わせればもとに戻るとか、部品が欠けても別の素材をつなぎ合わせていけるとか、人間のつもりで読んでいくと違和感バリバリになりますが、それこそが作者の思うつぼなのでしょう。

このコミック版はちょっと癖の強い絵柄で、正直なところ読みづらいので、まずはTVアニメを見てからの方がとっつきやすいかもしれません。CGならではの映像表現が見事な作品で、戦闘シーンの無機質な美しさは一見の価値があります。

コミックは現在も連載中ですが、かなり大詰めに来ていて、もうすぐ完結まで行きそうです。





なお、宝石の国のアニメ版はdアニメストアなどで見放題対象になっています。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.