アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「鬼滅の刃」18巻  12/4に発売

JUGEMテーマ:漫画/アニメ




鬼滅の刃 18 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃は、ご存知少年ジャンプで絶賛連載中の吾峠呼世晴のコミックです。
2016年から連載開始で、当初は知る人ぞ知るといった感じでしたが、ufotableのアニメが今年の春から夏に掛けて全26話で放映されると人気爆発。
すでにけっこう長い間、紙の本は印刷が間に合わず、町中の本屋から消えてしまうという状態です。17巻までの累計発行部数で2500万部を突破。
今回の12月4日発売予定の18巻は初版100万部を突破するそうです。







大正時代を舞台に、主人公の竈門炭治郎は山の中で炭焼きをしながら、家族とともに暮らしていましたが、鬼によって家族を惨殺され、唯一生き残った妹も鬼にされてしまい、復讐と妹を人間に戻すために、鬼を殺す鬼殺隊に加わり、戦い抜いていくという物語です。
努力・友情・勝利のジャンプ漫画の王道を行く物語なのですが、個性的な絵柄と独特な雰囲気に満ちています。最初はこの強い個性が受け入れられるまでに時間がかかりましたが、現在では逆に好印象を持ってファンに迎えられています。
そして、ジャンプのバトル漫画はけっこう身体を欠損しても魔法の力などで元に戻ったり、死亡しても生き返ったり、割と平気なのですが、「鬼滅の刃」の場合は鬼の方は日輪刀という刀で首を落とされない限りは手足を失っても復活するものの、人間側は一度なくした手足は戻りません。
にも関わらず、割と簡単に鬼殺隊(人間)側の主力である柱も身体を欠損したり、死亡したりします。特に柱の中でも女性人気の高いキャラが無くなったときにはツイッターで阿鼻叫喚の騒ぎになったほどです。

しかも、人気になったのが急だったためか、ジャンプ漫画によくある引き伸ばしがほとんど無く、現在終末に向けて全力疾走といった雰囲気になっています。
このまま走り抜けて終われば、伝説的な物語になりそうです。

おそらくは20巻ぐらいで終わりそうですが、果たしてこのとんでもない人気の中で、無事に作者が考えたように終われるのかどうか、ファンの間で注目を集めています。





※アニメは非常に高品質で特に19話後半のバトルシーンは、歴史に残るほどのクォリティになっています。
アマゾンプライムビデオ アニメdアニメストアなどで見放題対象になっています。
また、TVアニメの続きになる無限列車編が、2020年にアニメ映画として公開されます。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.