アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「ゲゲゲの鬼太郎」1巻〜3巻がキンドルで無料取得可能

JUGEMテーマ:アマゾン

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:kindle



アマゾンの電子書籍キンドルで、「ゲゲゲの鬼太郎」の1巻から3巻までが無料で取得出来ます。


ゲゲゲの鬼太郎(1) (コミッククリエイトコミック)


ゲゲゲの鬼太郎(2) (コミッククリエイトコミック)


ゲゲゲの鬼太郎(3) (コミッククリエイトコミック)







「ゲゲゲの鬼太郎」は今更、こうした作品だと説明する必要すらないほどのビッグネームで、例えばアニメ1つにしても、これまでに6回(+墓場鬼太郎)に渡って映像化されており、一番短い墓場鬼太郎こそ11回ですが、第1期が65回、第2期が45回、3期以降は必ず100回以上の大作で、現在放映中の第6期もすでに87話まで放映されているところです。
原作者の水木しげるは、戦争経験を経た後に漫画家としてデビュー。当初は1954年の紙芝居から始まり、貸本を経て、その後は幼年誌から青年誌まで幅広くいろいろな雑誌に掲載され続けてきました。
それだけにいろいろなバージョンがあって、実際、どの鬼太郎が「ほんとう」の鬼太郎なのか、私には判ずるだけの知識も見識もありません。
というか、私にとっての鬼太郎は71年頃に制作された第2期で、85年頃に制作された第3期ではもう人間のユメコちゃんが出てくるのがちょっと違和感があるほど。

ただ、時代につれて、設定や鬼太郎たちの性格が変わっていて、こうした時代の流れを受け入れて変わっていく点も妖怪らしいといえば妖怪らしいのかもしれません。
現在の第6期も、子供の頃の鬼太郎とはハッキリと違うのですが、これはこれで良作です。

このコミック作品は全13巻セットで、1巻ごろの内容はどちらかというと墓場鬼太郎の内容に近いかな。
興味深い作品です。



コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.