アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
キンドル
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
石川サブロウの作品がキンドルでセール中

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:アマゾン

JUGEMテーマ:電子書籍



アマゾンのキンドルで、超特価セールを開催中で、石川サブロウの旧作が非常に買いやすくなっているので、ご紹介します。
キンドルのセールは通常2〜3日程度で終わるので、気になる方はお早めにどうぞ。

北の土竜(全21巻)
計126円。

北海道で絵描きを目指して頑張っていく青年のビルディングロマン。







蒼き炎(全12巻)
計71円。

これも絵描きを目指して生き抜いていく青年2人の物語です。

佐賀のがばいばあちゃん(全11巻)
計66円。

島田洋七の大ヒットした原作を漫画にしたもの。

本日も休診(全2巻)
計12円。

これも見川鯛山という作家、医師が書いた随筆というか自分の経験を描いた作品を、石川サブロウがコミカライズしたものです。

晴れた空(全3巻)
計18円。

半村良原作の漫画化。終戦直後の混乱期を舞台に戦争孤児たちと母娘たちの生きるための奮闘を描く作品。

石川サブロウの絵柄は、泥臭くて素朴な雰囲気が特徴。決して技術が低い訳ではないのですが、敢えて洗練を目指さず地に足のついた雰囲気が素敵です。
この絵柄だと、確かにがばいばあちゃんや、貧乏な診療所の生活、戦後の混乱期を描いた作品など似合います。



コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.