アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「final phase」 fripSide 1月11日発売

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:アニソン







1月11日発売のfrip Sideの新曲です。1月開始の新アニメ「とある科学の超電磁砲T」のOPになります。









frip Sideは、「とある科学の超電磁砲」のアニメ第一期にあたる、「とある科学の超電磁砲」OPの「only my railgun」、「LEVEL5-judgelight-」、2期の「sister's noise」「eternal reality」とずっとオープニングを担当してきただけではなく、ゲームの「とある科学の超電磁砲」の主題歌の「way to answer」も担当しているなど、いわばレールガンシリーズの顔みたいな存在です。
のりの良いポップスで、主人公の御坂美琴の元気で行動力溢れた性格に通じています。

frip Sideは男女2人組の音楽ユニットで、結成は2002年とかなりのキャリアがあるのですが、2009年に第1期のボーカルが脱退し、新たに南條というボーカルを迎えて再デビュー。ここから第2期になります。
第1期のころからアニメやゲームに楽曲を提供してきましたが、第2期になってからさらにアニメなどとの関わりは深くなっていきます。それでも、第2期frip Sideの再デビュー作品が「only my railgun」で、この音楽ユニットにとっても「とある科学の超電磁砲」は大切な作品になっています。






final phase fripSide









コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.