アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
キンドル
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
連ちゃんパパ 12巻までがキンドルで無料取得可能。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:アマゾン

JUGEMテーマ:電子書籍



アマゾンの電子書籍キンドルで「連ちゃんパパ」全43巻のうち、12巻までを無料取得可能になっています。
キンドルの価格設定は割と頻繁に入れ替わるので、気になる方はお早めにどうぞ。









「連ちゃんパパ」は90年代にパチンコ雑誌に連載されていたそうで、マイナー漫画。私も今回、話題になるまでは知りませんでした。
それが、マンガ図書館Zで公開されて、ツイッターなどで話題になってブレイクしたものです。

作品のストーリーは、パチンコ狂いの妻が借金を残して蒸発。主人公は残された息子の2人とともに、妻を探して日本中をめぐるという放浪記なのですが、この主人公自身がパチンコにハマってしまった上に、お金に困ってくると相当に酷いことを次々としでかすし、この妻も身勝手という言葉を擬人化したような人物だし、クッキングパパを思わせるようなほのぼのの絵柄でありながら、内容は鬼畜、という作品です。
気になる方は、まずはツイッターなどで評価を一通り読んでからのほうが良さそうな作品で、なにも前知識なしに読むと、精神的なダメージを受ける可能性があるほどです。ヤミ金ウシジマくんあたりだと、もともとの絵柄があの感じなので、胸糞でもまあ大丈夫なのですが、ほのぼの系の絵柄だと、まどマギがかわいいキャラデザとストーリーのミスマッチがより破壊力を持ったのと同じ意味で、読者にダメージを強います。

とりあえず、キンドルだと、12巻まで無料で以降は描く110円。43巻とはいえ、1巻が1話相当で20ページ前後程度なので、普通の単行本だと4〜5巻ぐらいでしょうか。
マンガ図書館Zの方だと全巻、無料で読めますが、外出先などで読むのにはキンドルが楽でしょう。
とりあえず無料分をキンドルで読んで、その後が気になるようなら、マンガ図書館Zに行くのか、キンドルで買ってしまうのかを決めても良さそうです。





※なお、価格等の情報はブログの記事作成時点のものです。キンドルは価格改定が頻繁なので、必ずご自身で価格をお確かめの上ご利用ください。




コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.