アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
キンドル
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
西尾維新の「物語」シリーズがキンドルで50%ポイント還元。6/11まで

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:ライトノベル


現在、キンドルでは、「【50%ポイント還元】講談社の小説、文芸、ラノベから児童書まで(6/11まで)」を実施中で、多くの作品がポイント還元によって実質半額で購入できますが、その中から、おすすめを。

西尾維新の「物語」シリーズ、現在では27巻(!)もありますが、それがいずれも50%ポイント還元セールの対象になっています。
全27巻セットでは、価格38,291円に対し、獲得ポイントが19,146ptになっています。
期間は6/11まで。

















「物語」シリーズは、2006年の化物語をスタートに、主人公の阿良々木暦と、彼を取り巻く怪異、多彩なヒロインたちの関わりとが描かれていくもので、非常に筆の速い西尾維新らしく、作品は読者の要望に応えてどんどん世界が広がっていき、現在ではこれだけの作品数になっています。

人気が爆発したのはなんと言っても、第一作目の「化物語」が2009年にシャフトによってアニメ化されてから。西尾維新の独特な雰囲気と、シャフトのアクの強い演出が、この物語シリーズでは見事にマッチして、実に見応えのあるアニメ化で、シャフトにとってもまどマギの大ヒットの一つ前の大ヒット作といったところでしょうか。
なかなか、次の展開がされないまどマギに対して、原作がすごい勢いで量産されていくだけあって、アニメ化も次々に進んでいき、この原作小説のシリーズを読むのも、アニメを全部見るのもけっこう大変なぐらいのボリュームがあります。

さすがに後半の方はちょっと薄味になっていきますが、特に第一作目の「化物語」は圧巻で、ひたぎクラブ、まよいマイマイ、するがモンキー、なでこスネイク、つばさキャットの5作が納められていますが、この一つひとつが、後の一作分ぐらいの内容がある豪華なものです。
この化物語上中下巻と、その前日譚になる傷物語(TV版ではなく劇場用アニメになっています)、阿良々木家のファイヤーシスターズを描いた傷物語上下巻ぐらいまでは、サブカル好きなら読んでおきたい作品です。





※なお、価格等の情報はブログの記事作成時点のものです。キンドルは価格改定が頻繁なので、必ずご自身で価格をお確かめの上ご利用ください。












コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.