アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
キンドル
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「D-LIVE」、「ARMS」、「スプリガン」の1〜3巻がキンドルで期間限定無料試し読み 10/25まで

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:kindle

JUGEMテーマ:電子書籍


アマゾンの電子書籍キンドルで皆川亮二の代表作とも言える「スプリガン」「ARMS」「D-LIVE」の各1巻から3巻までが期間限定で無料試し読みが出来ます。
期間は10月25日まで。

小学館の作品では、たくさんの作品をキンドルで無料試し読みをしていますが、その中でおすすめの皆川亮二作品をご紹介します。







スプリガン
スプリガンは、たかしげ宙原作、皆川亮二作画のマンガで「少年サンデー」で89年から96年まで連載され、全11巻。今回のものは保存版なので、全8巻になっています。
超古代の遺跡を守り封印するスプリガンというチームを結成。その1人の御神苗優の戦いをえがく作品です。
数話から十数話ぐらいで完結する中編が連なっている形式で、スプリガン達のバトルの描き方が良い感じです。この雰囲気があたって、これ以降、「ARMS」「D-LIVE」と同じテイストの作品でヒットを連発しています。










ARMS
全22巻。原案協力七月鏡一。
こちらはバリバリの超能力バトルもので、体の一部にナノマシンの集合体を移植された少年たちが戦っていくというもの。不思議の国のアリスがモチーフに使われています。
主人公の両親や、仲間の隼人の祖父が超能力のない人間なのですが、めちゃくちゃ強いのが次作にも反映されています。










D−LIVE!!

全15巻。これも少年サンデーに連載されたもので、どんな乗り物でも乗りこなせる技術を持ったマルチドライバーの斑鳩悟が、様々な任務を遂行していくというもの。
やっぱり両親が超絶強いという設定ですが、母親の方はすでに病死しているのが違いかな。










皆川亮二の作風は、割合にリアルよりの作画で、激しいアクションを展開していくのですが、ちょっと主人公ののんびり屋だったり間が抜けていたりする点があって、ギャグも程よく配合されていて、読んでいて飽きさせないアクション漫画。
今読んでもそれほど古さはなく、楽しめます。






※なお、価格等の情報はブログの記事作成時点のものです。キンドルは価格改定が頻繁なので、必ずご自身で価格をお確かめの上ご利用ください。















コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.