アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
本当につまらない話し

JUGEMテーマ:愚痴

なんというか、すごく考え込むような事が起きた。自分の中でどのように考えれば良いのか、処理すれば良いのか……。
我ながら下らない記事なのだが、お暇を持て余している方はどうぞ。

派遣先でずっと人間関係でストレスが溜まっているという情けない話しをしているが、その相手というのは突き詰めれば1人しかいない。まあ、1人イヤなやつがいるか辞めるというのも、我ながら情けない話だがそうなのだから仕方ない。
嫌いな奴は実は7人もいるのだが、そのうち4人は勤務時間がずれていたり、部署が違ったりで、あまり接触がないのでストレスが溜まるというほどではない。あと2人は実は派遣元の正社員でかなり困った相手なのだが、これはあちこちの部署を回り持ちで担当しているので、私の部署に来るのは1ヶ月に1日か2日。そもそもそのうち1人は今はほとんど来なくなった(他の部署に居着いてしまったみたい)。
問題の1人は私の部署と同じところで同じ仕事をしているので、接触が多い。

そもそも、嫌いな奴以外にも苦手な奴もたくさん居るのだが、彼らは特にこちらに攻撃を仕掛けてきたりはしないので、まあ良い。
問題の1人は、ずっとこちらを敵視して話をしなきゃならない時は小馬鹿にしてきたり、嫌味を言ったり。
特に敵視されるようなことをしたつもりはないのだが……。

それで、もう辞めようか、でもそれだと生活がトタンに厳しくなるので、どうしよう……と思っていたところ。ようやく本題に入る。







昨日のことだが、1人で作業していたときに、人事や事務をやっているパートさんが来て(別の用事があったので)、数分だが無駄話をしていった。その話しの内容というのが、問題のイヤな奴が前期の人事評価が一番良い評価では無かったと、部長に文句を言ったそうで、それがあまりに生意気だったということ。
そもそも、そいつの仕事ぶりは部署の中のあちこちの作業を食い散らかすように少しずつやって、そこに張り付いて作業している人間の邪魔をしては中途半端に引っ掻き回して、さっさと別の仕事に入る、というもので、とてもじゃないが評価できるようなものではないとのこと。
私は自分の作業に没頭するタイプで、同じ部署でもあまり他の応援に入らないので、よくは知らなかったのだが(時間によって作業は変わり、ある作業のときにそいつと一緒になるのだ)。

で、他の作業の人からかなり嫌われているようで、実はそいつは1年以上前に他の部署から移ってきたのだが、そこでも同じようなことをやって嫌われて、こちらに来たのだ。
ということは、今度はここからどこかにいなくなったりしないかなあ、と思わず考えてしまった。

昨日、仕事中から昨晩いっぱい、ずっと考えている。
そいつもいろいろと学習しているようで、正社員にはかなりおべっかを使っていて、可愛がられている。と思っていたが、パートさんによると、社員の中で誰々さんと誰それさんは確かにそいつに懐柔されているが、なんとかさんあたりは分かっていてそいつを嫌っている。かんとかさんはそれを表に出して、そいつと冷戦状態になっていて口もきかない、とか。
そんなの全然知らなかったので、意外だったが、可愛がっている社員の中にはそれなりに役職も高く、実力もある人間もいるので、なんというか油断は出来ない。

それにこの職場はなんとも温くて、そいつ以外にもなにも働かずにブラブラしているような奴でも社員にもパートにも派遣にも嫌われてつつも平然と続いているぐらいで、そいつもそのまま居続ける可能性は低くない。なんと云っても、もうあまり他の部署って無いしね。

どちらにしてももう私は長くは勤められない。ずっと書いている精神的な問題は抜きにしても、体力面で限界が近い。老眼が進行していて、特に細かい作業がキツイ。本来なら指示を出す立場やデスクワークをする年代なのだから、肉体労働で日銭を稼いで暮らすという私が情けないのだが。
その数年をそいつにストレスを与えられながら働くというのはなんとも嫌だ。でも、ストレッサーがいなくなって、その数年を楽しくとは行かなくても、穏やかに働ければ、ありがたい。
以前の記事で年金を受給できる年まで、自分の貯金が1150万円。10年で割ると115万円だが、8年だと143万円。6年なら191万円。
もちろん、早めに自分で時間を自由に使える立場になって、身体が元気なうちにいろんなことをしよう、というのもあり得る話し。

この長々と書いたエントリが実にくだらない話しなのは分かっています。
そもそも、誰かが嫌だから仕事を辞めるというのは情けない話だし、そいつがどうなるかで自分の行末を決定しようとしているのも情けない。
自分の道は、自分で決めるべきで、他の理由はどうでも良いはず。
余計なことは考えず、自分にとって何が良いのかのみを考える。その結果、例えば私が辞めてすぐにそいつが他部署に異動しても、それはそれでもう私には関係ないと割り切ること。



でも、仕事辞めたら、何日も誰とも話をしない引きこもりになりそうなのがちょっと怖い。



ドコモ公式/dアニメストア

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.