アニメ、マンガ、日常生活

主にマンガ、アニメを中心にしたサブカルについて語るブログです。たまに良い年をしたおっさんの日常で起こったことも語ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
1518! イチゴーイチハチ! の6巻を予約しました

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



会田裕の「1518! イチゴーイチハチ!」の6巻が6月28日発売予定なので、アマゾンで予約しておきました。この作品はこれまで紙の本で買っていたので、6巻も紙で。

1518! イチゴーイチハチ! はさいたまの高校を舞台に、野球で優れた才能を持っていたのに故障で諦めた公志朗と、その公志朗のマウンドの姿に一目惚れしていた幸の二人を中心にした青春物語です。
夢を目指して頑張る青春というのは、青春マンガの定番ですが、この話しはその夢が破れた先を描いていて、それが平和で穏やかな高校生活でありながら、どこかに痛みを感じさせます。
会田裕ならではの繊細な心理描写が、ガンスリンガー・ガールのような過酷な運命とは違った、ごく普通の日常でも冴えています。









単行本派で雑誌は読んでいないので、どんな展開かは知りませんが、前巻で大きな動きがあって、幸と公志朗がお互いの気持ちを(ある程度)確かめあって、これで進展していくのかと思いきや、やはりというかライバルの女生徒が現れて、三角関係に発展しそうな雰囲気。

主人公格の二人を始め、生徒会長も2年生組も、先生や幸や公志朗の家族といった大人組も、温かい人物ばかりでイヤなやつというのが基本的に登場しないので、その点は安心して読めます。(それでいながら、きちんと「痛み」を描けているあたりが会田裕の作家力の高さを感じさせます)
続きの感想は第6巻を読んでからかな。

あ、それから冒頭の画像は所有している1巻〜5巻の表紙です。特に2巻の幸の表情と5巻の大人びた浴衣姿の違い(成長度合い)が良い感じで、お気に入りです。
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.