アニメ、マンガ、日常生活

天命を知る年になっても独身で、契約社員で貧乏暮らしをしているおっさんが綴る日常です。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Hana ASA-CHANG & 巡礼 アニメ「惡の華」のED musicunlimitedで聴き放題

JUGEMテーマ:アマゾン

アマゾンの音楽配信サービスのmusicunlimitedのおすすめです。



この曲は、Nova la nuitというアルバムに収められています。このアルバムはいろんなアーティストの楽曲が集められたものです。

「惡の華」は、押見修造のコミックが原作で、「蟲師」で有名な長濱博史監督の手によってアニメ化されています。
その際に原作の絵柄を離れて、実写タッチになっていて、日本のTVアニメ史上初の全編ロトスコープというチャレンジングな作品になっています。
一見すると原作無視なのですが、その実、演出や音楽など、原作のエッセンスをいかに動かすかを考え抜いた結果になっています。







このエンディングも、とてもアニメのエンディングテーマとは思えないような実験的で先鋭的なものになっています。
残念ですが、かなりゆっくりと演出したため、全13話では中途までしか描けておらず、売上を考えると2期もしんどそう。

しかしアニメ好きなら一度は見ておかないといけない作品の一つだと思います。

ちなみに今年、実写映画化も予定されており、秋公開予定。



ASA-CHANG&巡礼は、日本の音楽ユニットで、98年から活動しています。ASA-CHANGは元々東京スカパラダイスオーケストラのリーダーで、93年にバンドを脱退して、ソロで活動。98年にギタリスト、プログラマーの浦山秀彦とともにASA-CHANG&巡礼を結成しました。
その後、2000年にU-zhaanが加入し、01年にアルバム「花」を発表。その後、ゆっくりしたペースで活動していましたが、10年に浦山秀彦とU-zhaanが脱退。新メンバーの後関好宏、須原杏を迎えて活動しています。

と、いろいろ書きましたが、これはウィキペディアの情報を引き写したもので、よく知らないアーティストです。
ただ、あのカルト的な「惡の華」の作品性にピッタリのエンディングテーマは実に良いものでした。

他には「影の無いヒト」というアルバムが代表作のようです。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.