アニメ、マンガ、日常生活

天命を知る年になっても独身で、契約社員で貧乏暮らしをしているおっさんが綴る日常です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
[まとめ買い] 彼方のアストラ
[まとめ買い] 彼方のアストラ (JUGEMレビュー »)
篠原健太
マンガ大賞2019。古い時代のジョブナイルSFっぽさが、おっさんには魅力的。
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2018秋アニメの完走した作品の感想 その5

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

今回もdアニメストアで見た作品ばかりです。

メルクストーリア
あまり印象が強くない作品ですが、地味に良作でした。
転生ものでないファンタジーって、いまでは逆に珍しいのかも。今季だと、これとゴブスレぐらいですが、世界の厳しさは真逆ですね。
スマホ用アプリゲームのアニメ化だそうです。







DOUBLE DECKER! ダグ&キリル
とりあえず13話で終わったのですが、途中で1話、総集編があったのでまだ完結ではなくて、もう1話が後で配信だそうです。総集編が凝っていたので、実は最初から計算していた総集編かとその時は思ったのですが、ホントに「万策尽きた」んですね。
ただ、13話をみた限りでは、一応は完結してます。いろんな伏線が未回収なので2期もできそうですが、それは最初から計算していた結果でしょうし、もう1話ってなにをやるのだろう。

話しは、タイバニをもう一度、って感じでしたが、やっぱりタイバニと同じでちょっと食い足りなかったです。せっかく面白い設定をキチンと練り込んでいるのに、ストーリーがそれを活かしきっていないのがもったいない。
これは、全然性格が違うアニメですが、「色づく世界の明日から」でも同じ感想を持ちました。
演出や映像の作り込みや演技などなど、そうした部分は一定のノウハウが業界に共有されていて、時間と制作費が十分に有れば(無いケースが多いのが問題ですが)、どんなアニメでも水準はクリア出来るのしょう。
しかし、ストーリーだけは、いまでも個人的な力量に左右されていて、まぐれ当たり的にしか良いものが出来ないという気がします。

ひもてはうす
「gdgd妖精s」や「てさぐれ!部活もの」路線のアニメ。
プレスコで収録して、CGを当てるという方式で制作されています。BGM代わりにするのにちょうどよいアニメなので完走できましたが、正座してみるのはかなり辛い作品。
出演している声優のファンなら楽しめそうです。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.