アニメ、マンガ、日常生活

天命を知る年になっても独身で、契約社員で貧乏暮らしをしているおっさんが綴る日常です。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「どろろ」1巻 手塚治虫 キンドルの日替わりセールでお買い得

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

アマゾンのキンドルのおすすめ。日替わりセールでどろろの1巻がお買い得価格の99円になっています。

どろろは、手塚治虫の名作の一つで、全4巻。
2巻以降は324円になっています。

どろろは、現在テレビアニメ化されていて、これがかなりの良作。
アマゾンプライムビデオ アニメで独占配信されていて、こちらのほうもおすすめです。

どろろのストーリーは、魔神にからだの48箇所(テレビアニメでは12箇所)を奪われた百鬼丸が、旅をしながら魔神と戦い体のパーツを一つ一つ取り返していくというもの。
どろろは、百鬼丸の相棒役の少年()で、ちょっと変なタイトル付け(ブラックジャックの話にピノコというタイトルを付けるようなもの)なのですが、手塚はどろろという言葉が好きだったようで、たしかに印象的で良いタイトルです。

どろろは、残念ながら原作は打ち切り終了だったようで、まだあまりパーツを取り返していないのにいきなり終わってしまっていて、それが残念。ウィキペディアによると、一度は終わっても、掲載誌を変えてまで1回めのTVアニメ放映に合わせて再連載していますが、それもやはりキチンとした完結には至っていません。
にもかかわらず、どろろの存在感は大きく、手塚マンガの大きな成果の一つとも言える作品です。







続きを読む >>
2019年02月10日のつぶやき
14:47
#迷惑メール  また迷惑メールが来た https://t.co/H2XazA89Z9
09:28
「フランケン・ふらん」1巻2巻 が期間限定無料 https://t.co/c6CilhTS45 #jugem_blog






また迷惑メールが来た

JUGEMテーマ:コンピュータ

以前に、迷惑メールが来たので晒したことがありますが、また来ました。
メールの文面は全く同じ。
ということは同じ奴から送ってきているのでしょうね。
ビットコインのアドレスだけが違いました。







続きを読む >>
「くま クマ 熊 ベアー」1〜3巻 が期間限定無料お試し キンドル

JUGEMテーマ:小説全般

アマゾンの電子書籍キンドルのおすすめ無料企画。
くまなの の「くま クマ 熊 ベアー」の1巻2巻3巻が2月21日までの期間限定無料お試し版として楽しめます。







続きを読む >>
「フランケン・ふらん」1巻2巻 が期間限定無料

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

アマゾンの電子書籍キンドルで、秋田書店の人気作の期間限定無料お試し読みのキャンペーンを実施中です。その中から、おすすめのご紹介です。
「フランケン・ふらん」の1巻2巻が2月22日までの期間限定で読めます。
フランケン・ふらんは、秋田書店のチャンピオンREDで連載されたもので、すでに完結済み。
継ぎ接ぎだらけの美少女のふらんが人体改造技術を駆使して人々を手術していくというブラックジョークのギャグです。
かなりのスラップスティックで、表紙絵だけだとかなりエロい感じですが内容はかなりのギャグです。






続きを読む >>
2019年02月09日のつぶやき
17:39
近近両用メガネ、すごくよく見える。本がドンドン読める https://t.co/IE2yjYoTVH
13:41
#ケムリクサ  5話視聴。やっぱりたつきって天才だな。こんな作りにくそうな話なのに、面白くなってきた。






「つぐもも」 浜田よしかづ キンドルで半額セール実施中(2/22まで)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

現在、キンドルでは双葉社 フタスペ というセールを実施中。対象2000点以上のコミックなどが50%オフで購入できます。
期間は2019年2月22日まで。

その中でおすすめをご紹介します。

「つぐもも」」 浜田よしかづが現在、1巻〜17巻までが270円で販売されています。
つぐももは現在23巻まで販売中で、18巻以降は定価になっていますが、そこまでは半額でお買い得です。







続きを読む >>
「感じる科学」さくら剛 キンドルの日替わりセールでお買い得

JUGEMテーマ:小説全般

キンドルの日替わりセールからおすすめを。
本日の日替わりセールで、さくら剛の「感じる科学」が対象になっています。

さくら剛は、作家として最初は旅行記を書いていたのですが、この作品は科学的な事象を文系の中学生が夢中になって読める本という設定で書いたもの。
2011年出版ですから、けっこう古い本ですが、今でも笑って楽しめる作品になっています。

さくら剛の名前は、トリカゴ放送というポッドキャストを聴いていて、その兄弟番組のさくら通信に流れて、さくら剛の面白さにすっかりハマって、その名前を覚えたという経緯です。

なお、さくら剛のその他のおすすめは「(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。






続きを読む >>
2019年02月08日のつぶやき
15:09
近眼と老眼の両方で悩まされています。これから、ずっと悩むのか…… 近々両方メガネを作成しました。 https://t.co/bItFgSgRfu
14:33
とらふぐのヒレが手に入ったので、ひれ酒用の日本酒を購入。久々の日本酒ですが、どうせ熱燗(それもアルコールが飛ぶぐらい本気で熱くする)にするので紙パックの安物。しばらく寒い日が続きそうなので、すぐに呑んじゃいそう。
10:53
古いアニメを見るマイブーム。 #銀英伝 OVA版をdアニメで初見中。面白いけど、これ外伝まで全部見ると1年以上掛かりそうだな。






近々両方メガネを作成しました。

JUGEMテーマ:メガネ

近々両方メガネを作成して、本日受け取ってきました。

子供の頃から近眼で、中学生になってすぐにメガネを掛けるようになり、そのまま40年以上も近眼用のメガネを使ってきました。それも徐々に近眼が進行して、数年に一度ぐらいの割合で新調してきたのですが、40台の終わり頃から今度は近くが見えなくなってきました。
もちろん、だからといって近眼が見えるようになるわけでもなく、近眼と老眼が両方進行してくる……という形になりました。

仕事の時は力仕事をしている最中に、細かい字(ダンボールに記載されたコードなど)を読んで分類する、ということをしなくてはならず、しかも作業場があまり明るくないために著しく作業効率が落ちてしまって辛かったものです。
その時から遠近両用メガネを考えていたのですが、一度メガネ店を訪れたとき(この時は運転免許証の更新に際してメガネを新しくしようかと考えました)、店員さんに「多分、今のままで免許の更新は問題なく出来る。近眼の度を強くするとますます近いところが見えなくなる」と言われ、そのままに。
また、遠近両用メガネもちょっと試しにかけてみたのですが、かなり使いにくくて、結局、その時は作らずにスルーしました。







続きを読む >>

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.